“build a snowman”と”make a snowman”の違い

Pocket

スポンサーリンク

先日、知り合いのお子さんと英語テキストで遊んでいた時のこと☺️

make a snowman(雪だるまをつくる)
という表現が出てきました。

そこでふと思ったのです。

大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」(原題:FROZEN)では、
「雪だるまつくろう」(Do You Want to Build a Snowman?)
という歌がある通り、make a snowmanではなく、build a snowmanと表現しているんですよね。

buildは辞書で調べると、建てる、建設する、(思想や計画)を形成する、(体格を)作る…などと出てきます。

ではmake a snowmanbuild a snowmanには、どんなニュアンスの違いがあるのでしょう?
なぜディズニーはbuild a snowmanを使ったのでしょう?

ちょっと興味があったので、アメリカ人の友人に聞いてみました。

すると、「build a snowmanの方が、大きくて壮大なイメージかも。アメリカの雪だるまって、体が3段とか4段だったりするからbuildでもしっくり来るんだよね。あと、アナとエルサは、単に雪だるまを作るっていうよりも、想像を膨らませて雪の世界を作り上げるっていうか…そういう意味でもbuildを使っているのはディズニーらしいなって印象。」

とのこと。

これはあくまで私の友人の見解ですが、話を聞いて私も納得するものがありました。

スポンサーリンク

確かに、アメリカの雪だるまって大きいものが多いですよね。(↓こんなイメージ)

↓そして日本の雪だるまのイメージ。

(絵は私の個人的イメージですが😂)

こうしてみると、
文化の違いが選ぶ言葉の違いに影響することもあるなぁと感じます。

それから夢や想像力を大切にしているディズニーが、build a snowmanの表現を選んでいるというのも分かる気がしました。

ちなみに、make a snowmanbuild a snowman、どちらで言っても違和感はないそうです!

雪だるまの季節はもう少し先ですが、
ちょっとした疑問が解決したできごとでした✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です