個人的に好きな英語表現-3選

Pocket

スポンサーリンク

英語、日本語に限らず、人によって「何となく好きな言葉」ってあると思います🌸

特別な理由はないけれど「響きが好き」「意味が好き」「つい使ってしまう口癖」などなど。

今回は、私が個人的に好きで自然とよく使っている表現をまとめてみました☺

1:Have you ever~?(~したことはある?)
中学生で習う文法ですが、会話でも大活躍する表現です。
好きな理由としては、「これ一つで会話を広げられること」。

・Have you ever been to ~?(~は行ったことある?)
・Have you ever seen~?(~は観たことある?(映画や観光名所など))
・Have you ever read~?(~は読んだことある?)
・Have you ever tried~?(~を試したことある?)
組み合わせる動詞や名詞によってバリエーション豊富に会話が可能です。

(私は海外の方との会話に詰まった時など、この表現にとても助けられてきました!)
“Have you ever~?”の質問は、相手も自分の経験談を話しやすいですし、自然と会話が盛り上がることも多いように感じます。

2:I would like to~.(~したいです。)
I would like to~.
は「I want to~.~したい」の丁寧Ver.とも言えます。
個人的には、「品がありつつも嫌味のないスマートな表現」だと思っています。

例えば“I want to book a room.”「部屋を予約したいです。」ではなく、
“I would like to book a room.”お部屋を予約したいのですが。」にするだけで、印象ががらりと変わります。
(※「   」の和訳はあくまで私のイメージです)

以前アメリカのサービス業で働いていた際に、お客様から“I would like to~.”と言われると、「素敵な方だなぁ。精一杯のサービスをお届けしたい。」という気持ちになったことを覚えています。

もちろん、実際にはそれでサービス内容に差をつけることはしませんし、
” I would like to~.”を使うか否かが全てではないですが、

スポンサーリンク

それくらい私にとっては心地よい響きの英語でした。

ビジネスはもちろんホテルやレストラン、私的な手続きの際に使っても好印象な表現だと思っています。

3: Thank you for everything.(本当にありがとう)
こちらも幾度とお世話になった表現です。

心からの感謝を表したいけれど、”Thank you.”以外に出てこないという時におすすめです。

私が学生時代に、海外でのホームステイやインターンシップを経験した際のこと。

ホストファミリーや職場の皆さんに本当にお世話になり、最終日に「この感謝の気持ちを英語でどう表現できるか」と考えていました。

想いはあるのに”Thank you.”というありきたりな言葉で終わらせてしまうのは歯がゆく感じたのです。

そこで英語の先生や新しくできたネイティブの友人に相談したところおすすめしてくれたのが“Thank you for everything.”でした。

字のごとく「何もかもありがとう」という意味です。

感情をこめて言うことで「感謝してもしきれない」「心からありがとう」というニュアンスも伝えられます。

大人になった今でも”Thank you for everything.”にはお世話になっていて、
仕事で面倒をみてくれた上司・仲間、日本で災害が起こった時などに気にかけてくれる友人など…心から感謝したい時に使用しています。

短い言葉ですがこの一言で「しっかり伝わる」とのこと。
(もちろん、多様すれば良いということではなく相手への気持ちがあってこそですが🌸)
***************************************************
今回ご紹介した表現は、あくまで個人的な印象から「好きだなぁ」と感じているものになります。

人によっては異なる感覚をお持ちの方もいることをご了承頂いた上で、役立ちそうなものがあればご参考頂けると嬉しいです☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です