海外渡航の中止で英語習得のモチベーションが下がっている方へ

Pocket

スポンサーリンク

コロナウィルスの影響で、留学やワーキングホリデーといった海外渡航が中止になってしまった方も多いと思います。

それによって英語学習を続けるモチベーションがダウンしている方もいるかもしれません。

でもここで英語から離れてしまうのはとてももったいないことです!

この状況を「準備期間が増えた!」と捉えてやれることをどんどんやっておきましょう✨

私も本来であれば、5月に海外生活がスタートする予定だったうちの一人です。

渡航の延期が決まって真っ先に感じたことは、まさに「準備期間が増えたと思おう。」でした。

現地の環境をリサーチをしたり、現地で成し遂げたい目標を設定したり、そして英語力にも磨きをかけること。

できることはたくさんあります。

海外渡航の前に歯を綺麗にしておこうと、今のうちに矯正やホワイトニングに踏み出す方もいるようです。

スポンサーリンク

海外渡航がいつ可能になるのかは分からないのが現状ですが、それでも遠すぎない将来、国境が再開する日は必ずやって来ます。

その時に万全の状態で臨めるよう、その経験が最大限実りのあるものになるよう、今を有意義に活用しましょう☺

「もう英語なんて勉強しても意味がない」なんて思う必要は全くないです。

そもそもどこにいようと、英語が無駄になることは絶対にありません。

英語を習得することにはたくさんのメリットがあります。

モチベーションというのは上がったり下がったりするのが自然なので、やる気のない時に無理をする必要はないと思いますが、完全に離れてしまうのは本当にもったいないことです。

次にやってくる機会の為に、一緒に頑張りましょう✨

ここでの備えがどこでどう活きるか、良い意味で分からないものです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です