何かを発言する際に、通常の何倍も配慮が必要とされる時期に来ていると感じています

Pocket

スポンサーリンク

ブログのタイトルにもあるように、ここ数年は海外と日本を行き来する生活でした。

昨年アメリカから日本へ帰国し、本来なら今年の5月から再び海外渡航予定でしたが、もちろんキャンセルとなり現在は日本(地元)にてオンラインでできる仕事を続けている状態です。

出掛けようとすれば出掛けられるのが日本の現状ですが、個人的にはすっかりロックダウンモード。

1週間に2日ほど散歩や必要な買い物には出る程度で、あとは家で過ごす日々です。

(知人友人から今後のことなど聞かれることがありますが、現段階で就職活動や引越しといった大きな動きを取る気は全くなく、しばらくは今の生活スタイルで様子を見る予定です)

どうしてもニュースやSNSを見る機会が以前より増えましたが、自分も含めていつも以上に発言に気をつけなければいけないということを感じています。

スポンサーリンク

皆ストレスを感じ始めていて、普段ならスルーできることも敏感になってしまう時期。

stayhomeの呼びかけを鬱陶しく感じてしまったり、ここぞとばかりに家での楽しみ方を提案する情報に飽き飽きしてしまったり。

仕事ができない状況にある方は普段通り仕事をしている方に対して、反対に普段通り仕事をしなければなならない方は自宅勤務の方に対して、お互いに複雑な思いを抱えてしまうこともあると思います。

いちいち言わないとしても、誰しもそれぞれに色々な葛藤があるはず。

何か発言したり発信したりということには通常より配慮が必要な時期だと感じている現在です。

決して暗いムードになる必要はないと思いますが、周りへの配慮はやはり大切。

私も今一度ブログや日々の会話での発言、見直そうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です