英語を学ぼう!と決めたら最初にすべきこと

Pocket

スポンサーリンク

英語を学習するにあたって、「何から手をつけて良いのか分からない!」という方は多いと思います。

私の周りでも大人になってから英語を学ぶことに決めたけれど、結局手つかずで…💦という方がたくさんいます。

個人的意見としては、その原因は「目標が曖昧であること」だと思っています。

英語と一口に言っても要素は様々。「英語を学ぶ」という目標はあまりに漠然としているし、ゴールの見えないテーマです。

そもそも英語はスキルではなくツールなので、大切なのは「英語で何がしたいのか」ということ。

目標は細かく刻めば刻むほど良いと私は思っています。

例えば、「英語で映画を観れるようになりたい」という目標もまだまだ漠然としています。

これを仮に「大好きな作品”アラジン”を英語で理解できるようになりたい」というように、より具体的な目標にします。

するとその為にすべきことがぐっと分かりやすくなります。

ex「アラジンを英字幕で観てみる」→「アラジンを観て分からない単語を拾ってみる」→「その単語を覚える&発音してみる」→「アラジンを英語で何度も観る」→「だんだん理解できるようになる」→「アラジンを英語で観れるようになる」=目標達成!

これはあくまで簡易な一例ですが、目的が明確であれば明確であるほど、自分が何をすべきかも見えてきて、効率的に英語を身に付けることができます。

このような成功体験を積み重ねることはモチベーションをキープするのにもまた効果的。

「アラジンは観れるようになったから次は違う映画にトライしよう♪」というように。

スポンサーリンク

目に見えて自分の成長が分かる方法を取ることがとても大切だと思います!

成長を実感できないことほどモチベーションの下がることはありません💦

例えば毎日勉強の為に、英語で映画を観ている人がいるとします。

でも本来のその人の目標が、「TOEICで点数を取ること」だったとしたらどうでしょう。

他にやった方が良いことがありますよね。

TOEICの過去問を解いたり専門の単語を覚えたり、問題傾向の分析をしたり。

つまり目標を意識せずにやみくもにトライしても、的外れな学習ということになりいつまでも成果は感じられないということになります。

成果が感じられなければモチベーションも下がり、挫折に繋がってしまいます。

という訳で英語学習をスタートしたけれど、何から手をつければ良いか分からないという場合の個人的ベストな対処法は、

「まずは目標を具体化しよう☺!」ということです。

そもそもどうして英語を学ぼうと思ったのか…というきっかけを辿ると具体的な目標に繋がりやすいかと思います。

実は私も最近改めて英語のレベルを上げたくて勉強をしたいと思っている一人。

でも何をしたら良いか…とちょっぴり迷走中だったのです。

そんな時に自分の英語学習の原点を振り返り…思えば常に具体的な目標が明確にあり、その積み重ねで結果的に英語力が伸びていったことを思い出しました。

という訳で私も新たに目標設定から英語学習再スタートです!

この記事を読んで下さった方の中には、きっと同じように英語学習に励もうとしている方もいらっしゃるかと思います。

一緒に頑張りましょう♪

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です