カナダビザ申請「無犯罪証明書」が間に合わない時の対応について

Pocket

スポンサーリンク

【無犯罪証明書】に伴うビザ申請につきまして、質問を頂いたので回答致します。

海外ビザの申請にともなって、一定期間住んでいた国での「無犯罪証明書」を求められることがあります。

取得するのに時間のかかる書類なので、余裕を持って準備するに越したことはないのですが、

どうしても指定された期間での提出が間に合わない(かも)!というケースもあるかと思います。

実際のところ私がそうでした。(10月5日、10月18日の記事を参照)

そんな時に何もしないままだと、申請が取り消されてしまいます。

しかし、正直に間に合わない理由や期限を延ばして欲しい旨を説明する書面を提出すると、考慮してもらえることがほとんどのようです。

私の場合はカナダのビザ申請だったので、他の国については定かではないのですが、少なくともカナダでは延長してもらうことができました。(事情によってはカナダでも延長できないということもあるかと思いますが)

スポンサーリンク

メールで連絡を取るのではなく、「無犯罪証明書」をアップロードする部分に、ワードなどで事情を説明したものを直接アップロードすればOKです。

その際に、申請中であることが分かるもの(レシートなど)があれば一緒に添付するのがおすすめです。

私はこの方法で1か月間期限を延長してもらえました。

ちなみにアップロード後数日で、期限延長許可の連絡が来ました。

もしも連絡がこない場合はきちんとアップロードがされていない、相手に届いてない可能性もあるので、その際はいまいちど確認することをおすすめします。

これらのプロセスは、すでに期限が切れてから行っても無効となってしまいます。

「間に合うかあやしい、ギリギリかもしれない」という時は早めに対応しておくと安心かと思います。

ビザ申請の手続きとなると、何だか厳しいイメージが先行して、最初から期限の延長をあきらめてしまう方もいるかもしれませんが、事前にきちんと事情を説明すれば融通を利かせてくれることも多いようです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です