“Do you have time?”と”Do you have the time?”の違い

Pocket

スポンサーリンク

私は19歳の時に初めて短期留学というものを経験しました。

場所はオーストラリアのシドニー。

現地の学校に通って、インターン生として旅行会社での仕事もさせて頂いて、何よりスーパーへ行ったりバスに乗ったり…現地で生活しているという感覚が嬉しかったことを覚えています。

当時は英語力もまだまだで、大変なことや珍事件も数知れずでした。

特に印象に残っているのが、「”Do you have time?”事件」です 笑

バスを一人で待っていたら私と同じ年齢くらいの男性が近づいてきて、

”Do you have time?”と聞いてきました。

さて、このシチュエーションどう捉えますか?

恥ずかしいことに私はいわゆる「ナンパ」だと勘違いしました。

(よく分からないまま”No…”とかなんとか答えたのを覚えています 笑)

男性はきょとんとした感じで、私の腕時計を指さして”Do you have time?”とまた聞いてきました。

そこで時間を聞いているのだと理解した私は、勘違いして意味を捉えたことを悟られないように、何とかごまかしました!(相手の方は気付いていたと思いますが)

スポンサーリンク

あれはまちがいなく人生の恥ずかしい出来事トップ5に入ります 笑

でもおかげで大切な学びになりました。

ちなみにナンパの場合は”Do you have the time?”のように”the”が入ります。

theの有無だけで、これだけ意味が異なるフレーズも珍しい気がします。

その後のアメリカ生活や客船勤務でもよく耳にした”Do you have time?”。

いまだに紛らわしいなぁと感じるのも本音です。

時間を聞きたいならシンプルに”What time?”とか言って欲しいですよね 笑

今でも”Do you have time?”と道で聞かれたり、映画などでこのフレーズが出てくると、オーストラリアでのあのシーンが浮かんできて、恥ずかしいと同時に原点に返る私です。

今日本屋さんに行ったらこの違いについて解説がしている英語の本がありました。

参考書に取り上げられるくらいなので、この勘違いはあるあるなのだと思います。

きっと私だけじゃないはず 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です