思っているほど人は他人に興味なし

Pocket

スポンサーリンク

さて、今日は「自分が思っているほど周りはあなたに興味なし」という話 。

周りの人を見ていて(はたまた自分も含めて)、他人にどう思われるかを基準に行動しすぎでは…と感じることがあります。

前置きとしては、

相手の気持ちを考えたり協調性を図ることが大切なのは当たり前のこと。

マナーを守ったりTPOをわきまえるのも当たり前のこと。

「周りは自分が思っているほどあなたに興味がない」とか、「自分の本音を大切に」…というような話が出た時に、

「じゃあ好き勝手やって良いんだ!」と解釈する人(もしくは上げ足をとる人が)が時々いますが、それはあまりにも低レベル。

この手の内容の記事は何度か書いていると思うのですが、要は

「いちいち他人の顔色を気にしてしまうのは時間がもったいないよ」ということです。

私がどうして繰り返しこんなことを記事にしているかというと、一つは自分も本来は気にしてしまうタイプだということ。

そしてもう一つは学生時代のアルバイトに関係あり。

私は学生時代に塾でアルバイトをしていたのですが、当時生徒達と話していると男女問わず、周りからの反応を気にしている子たちがとても多かったのです。

(一見そうは見えない男子生徒なんかも含め。)

当時の私なりに、未熟ながらアドバイスをしていたものですが、その後私自身色々な経験を経て(まだまだ未熟ですが)、

やっぱり「他人の反応ばかり伺っているのはもったいないこと」という答えにたどり着きました。

スポンサーリンク

日本というお国柄、やっぱり周りの反応に敏感になりやすい部分はあると思います。

けれどそんな日本でも、実は

「自分が思っているほど周りはあなたに興味ない(良い意味で!)」のです。

あなたがあなたのことで精一杯なように、周りの人も自分のことで精一杯な訳で 笑

だから色々な人間関係があるとは思うけれど、安心して 笑 周りの反応について悩む時間を減らして欲しいと思うのです。

悩む時間があったら、自分の好きな本を読むなり映画を見るなり、楽しいことをすれば良い。

誰もあなたが思っているほどあなたのことを恨んだり指差したりしてないから。

仮に何か言っていたとしても、それは単にたまたまその人とは反りが合わなかったというだけ。

反りが合わないからと言って、何かする訳でもないのです。

お互いに「この人とは合わないな。」と感じるだけ。

それ以上でもそれ以下でもないのです。

時には何だか攻撃してくる人もいるかもしれませんが、耐えられないと感じた時は堂々とその人の手が届かないところまで退散すればOK。

それは逃げでもなんでもないんだから。

とにかく人間関係はシンプルに捉えるのが一番。

①人として最低限のマナーは抑える。

②あとは必要以上に気にしない。

③耐えられないと感じたら堂々と離れる。

こんな感じでしょうか。

口で言うのは簡単だと思われるかもしれないけれど、ちょっと意識するだけでぐっと楽に感じるようになれるかも。

最近この手の相談を受けることがちょっと多かったので、改めてまとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です