友人から受けた刺激とパワー

Pocket

スポンサーリンク

先日とある友人から大きな刺激をもらいました。

間接的にその友人の功績を知る機会があり、その後取り上げられていたインタビュー記事なども読んだのですが、感想はずばり「すごいなぁ…」でした。

最後に会ったのは一年ほど前で、その時は時間が足りなくて仕事の話まではしなかった私たち。

「今の仕事は天職だと思えるほど楽しい」というのは以前に聞いていたので、その時から活躍ぶりは伺えたけれど、今回ふとしたきっかけで、その友人の功績を知ることとなりそれはそれは刺激となったのです。

そして大きな刺激と共に、個人的に彼の活躍から改めて仕事において大切だと感じたことが二つ。

一つは「自分の得意・好きを仕事にすること」。

二つ目は自分の努力や成功を決してひけらかさない謙虚な態度」。

(色々な意見があるとは思いますが、個人的記録として書いておきます)

 

それにしても、こうやって周りの人たちが活躍する姿って本当にパワーをもらうものです。

私は友人関係において頻繁に連絡を取ったり会ったりする訳ではないのですが、ふとしたタイミングでこういう活躍を知ったり、はたまた時々取った連絡で相手の頑張っている様子が分かったりすると、本当に刺激とパワーをもらいます。

個人的な話になってしまいますが、私は大学を卒業したこの数年、アメリカで生活をしたり、客船で勤務しながら世界を廻ったり、日本の空港で働いたり…言うならば「地に足のつかない生活」を送ってきました

世間一般から見れば、「ふらふらしてる」とか「甘い」とかいう意見もあるような生き方かもしれません。

スポンサーリンク

しかし開き直っている訳でも何でもなくて、私はそこについては全く後悔がありません。

20代のうちは色々な経験をして色々な世界を見たかった。

おかげさまで個人的にな狙い通り、たくさんのことを感じ、学ぶことができたと思っています。

そしてそれらをアウトプットできる場所が欲しいと感じるようになり、このブログも始めるに至りました。

色々な人(特に家族)のサポートがあってのことだけど、20代の目標はまずまずクリアできたと思っています。

そしてここからは、経験重視だった20代から、何かを成し遂げる30代…に向けて新たに行動していきたいと思っていたのですが、

そのタイミングで今回友人の功績を目の当たりにできたのは、何とも背中を押してもらった気分。

ちなみに「功績」というのは決して仕事の能力とか実績とかだけではなく、仕事や周りの人と向き合う姿勢とか…色々含めて。

今回は偶然一人の友人のことを書くに至りましたが、私の周りには他にも尊敬できる人たちがいます。

頻繁に連絡を取らなくても「きっと頑張っているんだろうな」と思える人たち。

(拠点も国内外問わず色々だけれど、大人になるにつれて物理的な距離とかどれくらい連絡を取るとか…そういうのも関係ないなと感じるようになりました。)

話が少し逸れましたが、、

「私も頑張ろう」-言葉にすると何とも月並みだけれど、シンプルにでも沸々と…そんな気分です。

※タイトル写真は昨年行ったボストンにて。

アルバムを探ったら、なぜか今の気持ちに一番ピンと来たので採用 笑

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です